乾燥肌で粉がふいていた肌がもちもちに変わった方法

私は、非常に乾燥肌です。化粧品は、とてもしっとりを記載をしている化粧水や乳液をたっぷり肌に塗ってからファンデーションをします。

最初は、もちもちしているのですが、だんだんかさかさになり、粉がふいてきます。

どんなメーカーを使用しても直りませんでした。

40代になり、紫外線や老化が気になり始めてから、肌の勉強をしました。勉強をして知ったのが肌にも周期があるということです。肌質も個人差があり、年齢とともに変化することも知りました。

そこで、基礎化粧品から見直しをしたのです。食べ物にも気をつけるようにしました。

すると、少しずつですが、もちもち肌になり、乾燥しにくくなりました。今では、乾燥が気にならなくなったのです。

皮膚科の先生が書いた本を読んだのですが、肌質や年齢によって基礎化粧品を変えた方がより効果的に保湿や美肌を保てるという内容でした。

人は年齢とともに誰もが乾燥肌に変わるため、化粧水だけでは、保湿出来なくなるそうです。そのため、保湿のためにオイルやクリームが必要になるのだとか。

そこで、化粧水は「ちふれ化粧水とてもしっとり」に変えました。ちふれを選んだ理由はノンアルコールだったことです。

乳液も「ちふれのしっとり乳液」に変えました。オールインワンジェルをプラスして使用するようにしました。

メーク落としは、クリーム状のタイプに変えました。洗顔料は、アミノ酸入り泡立ち洗顔料に変えました。

腸は、万病の根本と言われています。肌についても、腸内環境を良くすることで改善出来ます。

そこで、腸内環境を整える食べ物を取り入れるようにしました。ヨーグルトや乳酸飲料や穀物です。ヨーグルトについては、自分で作るようにしました。

大豆や大麦やピーナッツを取るためにフレグラをヨーグルトと一緒に取るようにしました。

森永乳業から定期的に乳酸飲料を取り始めました。すると、かさかさの肌がもちもちになり、粉ふきもなくなりました。

どんなこともあきらめずに毎日続けることで変化するんだと、とても実感しています。肌は健康のバロメーターです。今後もしっかりケアをしてきれいになりたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です