首のシワを取る方法!私はこうしています!

首のシワは顔と違いメイクで隠すことができません。
入念にメイクした人でも、首にシワが目立つと、とても残念な感じになってしまいます。
年齢がわかってしまう一番の部分だと言われています。

首のシワを取る方法

しかも、首のシワは一度できてしまうとなかなかですこが難しい部分です。
普段の生活で、首はよく動かす部分ですし、気付いたらかなり深い横方向のシワがついていた!って人も多いようです。

でも、いくつかの方法で改善は可能です。

首のシワをとる方法は、リンパマッサージ、スキンケア、首の保湿、ストレッチ、紫外線対策、食事、サプリメントなどの対策があります。
このサイトでは、これらの首のシワをとる方法についてまとめています!

食事

基礎的なものから順に説明していきます。まずは食事です。

ほっそりとしたキレイな女優さんに意外と、首のシワが目立つことが多いです。
この原因は、皮下脂肪が少ないと、首の動きに対して皮膚の動きがダイレクトになり、首のシワができやすいと考えられます。

また、過度なダイエットや野菜中心でタンパク質の少ない食事を続けると、肌の基礎を作っているコラーゲンが分解され栄養素として使われてしまいます。コラーゲンがダメージを受ければ、肌に弾力性や柔軟性が失われ、シワの原因になるのです。

スリムな体型は見た目は美しいのですが、年齢を示すバロメーターである首にまず老化が現れるのです。

女優さんであれば、ヒアルロン酸やコラーゲン注射でシワを取ることもできるでしょう。
でも一般の人であれば、なかなか注射のような費用とリスクのある方法はとれないと思います。

ですから、まず、体にとって不可欠なタンパク質を十分に摂取することが大事です。

ただし、タンパク質の取り方として、脂質の多い肉類を多くすればカロリーが高くなってしまいます。
植物にはコラーゲンが含まれていませんが、大豆などの植物性タンパク質でもアミノ酸への分解を経て、体の中でコラーゲンが作られます。

サプリメント

食事で十分なタンパク質をとれればそれが一番良いです。脂質やカロリーの少ないタンパク質をいつも取るのもなかなか難しいと思います。

このような場合は、コラーゲンを含むサプリメントを使うのも良いと思います。コラーゲンを経口摂取しても体内でアミノ酸に分解されるので意味が無いとの意見もありましたが、様々な研究機関の実験で、経口摂取の効果が認めれらています。

コラーゲンをとることは、
コラーゲンが合成されるときの材料が全部揃っている
コラーゲンが体内で分解されことで、コラーゲンの合成を促進される。(体の一部でコラーゲンが失われたと脳が判断し、コラーゲンを合成するような司令が体に伝わる)
コラーゲンを低分子量化することで、皮膚に直接吸収される

というような効果があると言われています。

ですから、コラーゲンをとることで、ダイエットをしながらでも、最も年齢が表れやすい首の皮膚組織を健全な状態を保つことができます。

首のシワをとるサプリメントの条件は、

肌のハリ、弾力性、柔軟性が得られること
シワのできた部分の組織を改善するための材料を含むこと
組織の再生を活性化できること

が要求されます。

肌のハリ、弾力性、柔軟性や、組織再生の材料としてはコラーゲンの補充が必要です。

私は、粉末タイプは、質の良いコラゲネイドを使っています。
コラゲネイド
コラゲネイドはじめてセット

ドリンクタイプなら私はこちらのアスタリストドリンクが気に入ってます。
アスタリフトドリンク
アスタリフト ドリンク ピュアコラーゲン10000

運動

運動することで、血行やリンパの流れを良くし、代謝を良くします。
リンパの滞留によるむくみを無くし、たるみやシワができるのを防止します。

リンパマッサージ

運動が十分にできない場合は、リンパマッサージが効果的です。
リンパマッサージにより、運動するのと同様の効果を生み出すことができ、シワの防止、改善に役立ちます。

首のシワをとる方法としてマッサージは欠かせません。
血流が悪くなると様々な問題がでるのと同じく、リンパの流れが滞ると顔や足がむくむことは経験したことがあると思います。

首についても同様で、リンパの流れが滞ると首のシワや二重あごなどの原因になります。

豆知識:リンパの役割

リンパには、体にはり巡らされた管(リンパ管)の中をリンパ液がながれることで、
老廃物の回収・排出
細菌やウィルスの抗体を作る
などの役割があります。
血液と異なり、リンパは筋肉の動きで流れているだけなので、運動不足だとリンパ液の流れが滞って、むくみ、肩こり、疲労、免疫バランスの悪化などを引き起こします。
全身に800ヶ所ある、リンパ節で、細菌や異物を取り除く役割を担っています。

首のシワにとって重要なのは、あごの下にある「頸部リンパ節」と、鎖骨付近にある「鎖骨リンパ節」です。
頸部リンパ節が滞ると、肩こりあ頭痛、自律神経の乱れにつながります。
首のシワととるにはまず、この部分のマッサージをしいきましょう。

リンパマッサージのやり方

リンパ節周辺の筋肉をほぐす

鎖骨のくぼみを軽く押す

耳の位置から真下付近の鎖骨のくぼみを軽く押します。

左右の首の筋肉を伸ばす

5秒間のストレッチを5~10回ほど繰り返します。
肩が浮かないように、手をのせても良いです。

リンパマッサージを行う

筋肉をほぐしたら、リンパマッサージを進めていきます。
まず、注意事項を確認してください。

リンパマッサージの注意事項
リンパを流す方向を間違えないように、さするときは必ず一方向に流します。
強くやり過ぎない。強すぎるとリンパ管が破裂することもあります。

リンパマッサージは、手のひら、手の甲でやるのが基本です。
ローラーなどの道具を使っても良いです。(往復させないこと)

  1. 口から顎の下へリンパを流します。
  2. 顎の下から耳の下の方向にリンパを流します。
  3. 耳の下から鎖骨に向かってリンパを流します。
  4. 鎖骨のリンパ節付近を押し、リンパを分散させます。

リンパマッサージのQ&A

リンパマッサージをする時間帯は?

朝起きたときにむくみがあったらすると良いです。
また、お風呂に入りながらや、寝る前も効果的です。

どのくらいすると良いですか

あまりやり過ぎは良くありません。
それよりも、適度な運動やストレッチなどを行う方が良いです。運動をすることで全身のリンパの流れが良くなります。

リンパマッサージの体験談

顔のケアは誰もがしますが、首はわすれやすいですよね。

加齢によりついてしまったシワを完全に消すのは難しいとしても、深く刻まれてしまう前の早めのケアで薄くすることは可能なようです。

私は田中宥久子さんの造顔マッサージのDVDを見ながらリンパマッサージをしますが、試してみられたらどうでしょうか。

筋肉が凝り固まるとリンパの流れが悪くなり、たるみやむくみが発生するそうです。

肌を闇雲にこすったり、ただ撫でるのではなく、硬くなった筋肉に適度の圧力をかけ、リンパを流していきます。

流す方向を間違えないようにきをつけねばなりません。まず口から顎の下に人差し指・中指・薬指の3本全体で圧力をかけながら流し、顎の下から耳の下方向に流します。

そこから鎖骨に向けて指を動かします。痛みを感じるようなら、やや圧力を緩めソフトタッチで3回繰り返します。

私はこのリンパマッサージは、首だけにとどまらず気になる箇所に取り入れています。

主に入浴時、確認しながらの時は入浴後にDVDを見ながらしています。その後には保湿です。

間々田佳子さんの顔ヨガの本には、「ひっひっひっ~」と言いながら、首に筋を立てるストレッチが紹介されており、これにもチャレンジ。思い立った時にいつでもできますよ。

しわやたるみの原因にコラーゲン不足がよく取り上げられているので、サプリメントも利用しています。

顔のケアはみんなしても、首のケアは忘れられがちですから、顔からの流れで習慣化しましょう。

姿勢

姿勢を正しく保つことは何にしても重要です。スマホの長時間使用などでうつむき加減になることが多いと、首にシワが寄った状態が長く続き、シワが残りやすくなります。

夜寝る時の枕についても、起きている時の姿勢と同じく、首が過度に曲がった状態にならないように調整が必要です。
高すぎない枕を使い、肩から後頭部に枕をあて、顔が水平になるようなものを選ぶと良いでしょう。

保湿

首の場合、顔に比べて乾燥しにくいので保湿はそれほど重要ではないと言われています。
それでも、乾燥する時期の就寝時などは、顔に使うものと同じ美容液でかまいませんので、首にもつけた方が良いでしょう。

紫外線対策

首の紫外線対策は、見逃しがちな部分です。
シワのできる原因は、紫外線に寄る真皮のコラーゲン組織へのダメージが支配的だと言われています。季節を問わず紫外線対策をしっかりと行いましょう。

スキンケア

シワの防止とコラーゲンの再合成に有効な成分としては、レチノールなどが注目されています。
皮膚に直接有効成分が浸透するように、いろいろな工夫をしたものがあります。
特にオススメなものとして、下記の美容液がありますので、ご紹介しておきます。

首のシワにかぎらず、シワができる原因には、大きく分けて

乾燥

乾燥することで、角質層に隙間が空き、その部分が凹みとなって次第に深くなりシワとなる

紫外線

紫外線によって皮膚の形状を支えている繊維状のコラーゲンが破壊され、その部分が陥没して凹みとなり、次第に深くなってシワとなる

などの説があります。
乾燥の場合は、表皮が発生源で、紫外線の場合はもう少し奥にある真皮が発生源になるわけです。
いずれにせよ、小さな凹みができて、凹みができるのその部分に負荷がかかって更に凹み、だんだん深くなるわけですね。
それぞれについて対策をまとめていきます。

乾燥対策

首の場合は、顔よりも少し奥にあり、体から蒸発する水蒸気が首の周辺を通るため、比較的乾燥しにくいと言われています。
ですから、乾燥を感じることも少なく、あまり乾燥には気を使っていない人も多いようです。

その感覚通りで、乾燥については特別気にする必要はありません。
乾燥対策としては、乾燥する時期に、顔に使っているクリーム・オイル・乳液などを首にも塗っていれば大丈夫なのですが、紫外線対策としわとりのために、下記のコスメを使っていきましょう。

紫外線対策

紫外線については、意外に無防備になっていないでしょうか。
日焼け止めを首に塗っている人は少ないように思えます。

深い帽子をかぶっていても、白いシャツからの反射もあり、首にはかなりの紫外線があたっていると言われています。

特に、耳の下など忘れがちな部分にもUVカット効果の大きい日焼け止めクリームを塗りましょう。

首に塗る美容液

首のシワに効果のある美容液の成分としては、

ビタミンC誘導体
レチノール(ビタミンA)
コラーゲン
ヒアルロン酸
アミノ酸
セラミド
プラセンタ

などが有効です。

深いシワのある肌の状態は、コラーゲンやヒアルロン酸が不足した状態です。コラーゲンなどの組織を生み出す細胞である、「繊維芽組織」が減少し機能低下しています。
ですから、お肌のハリや弾力性を取り戻すには、この「繊維芽組織」を活性化することが、重要です。

この意味で、アメリカの元大学教授が開発した下記の美容液は、理にかなっていて、有効成分を浸透させて皮膚の再生を促す作用が大きいです。

シワ・たるみを消す サイエンスコスメb.glen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です