便秘で腸のけいれんがあるときの対処法は?

便秘で腸のけいれんがあるときの仕組み

痙攣性便秘

リラックスしている時などに働く副交感神経が優位になると腸の活動が活発になり下痢になりやすくなります。

一方、人間が活動していくために働く交感神経が優位になると腸が緊張しやすくなり便秘になりやすいです。

交感神経はストレスを感じる時も優位になることが知られています。

強いストレスを受け続けると腸が狭くなり便の通りが悪くなります。

便が硬くなったり、お腹にガスが溜まったり不快な症状が出るのも痙攣性便秘の特徴です。

確かに仕事が忙しかったり失敗が許されない場面や、学生ならテストの前など緊張する場面、ストレスを感じることがあったら下痢になったり便秘になることもありますよね。

面接の前とかもお腹が痛くなります。

交感神経、副交感神経の働きが腸の働きに左右するんですね。

副交感神経、交感神経のどちらもバランスよく働くことが理想です。

便秘で腸のけいれんがあるときの対処方法

痙攣性便秘

私たちが現代社会で生きていく限りストレス、人間関係を避けるのは無理です。

日常生活の中でストレスを軽くしたり発散させたりして工夫していくのも大切です。

趣味を楽しんで、睡眠時間をしっかり確保しましょう。

そして、間違った対処法をしないように注意しましょう。

私も知らなかったのですが痙攣性便秘の場合、なんとなく食物繊維を含む食品を食べればいいわけではないそうです。

ゴボウ、大豆などの不溶性食物繊維はたくさん摂らないようにしてください。

不溶性食物繊維は腸にとって刺激になります。

その代り水溶性食物繊維をしっかりとる方が良いということで海藻類、寒天、コンニャクがおすすめです。

食物繊維にも種類があるんですね。

便秘薬なども不溶性食物繊維の摂りすぎと同じ理由で腸を無理に動かすことになり刺激になるので痙攣性便秘には向かないです。

便秘薬は無理やり出すという働き方をしますがノムダスはゆっくり腸に働きます。

お通じを良くするはずが腸にダメージを与えていたなんて怖いです。

ノムダス成分黒大豆おおばこ種皮菊芋水溶性食物繊維を含む食材です。

サプリメントなので手軽に効率よく摂れるのが嬉しいです。

毎日、調理が自分でできたらいいですがリラックスに回せる時間も欲しいですよね~!

日常の強いストレスによって善玉菌が減る!?

痙攣性便秘

最初にも触れましたが、痙攣性便秘はストレスと関係が深いことがわかりました。

ストレスが重なると乳酸菌などの善玉菌が減少します。

乳酸菌は便秘のもとになる悪玉菌を抑えてくれる働きがあるので痙攣性便秘を良くするためにもキーになるということになります。

よく乳酸菌をとるためにヨーグルトを一時的に食べることがありますが実は同じ種類を毎日食べ続けないと意味がないそうです。

毎日同じ種類ははっきり言って飽きます!

ノムダスには二つの乳酸菌が入っています。

生きたままで腸に届くビフィズス菌BB536と善玉菌を助け増加させる乳酸菌EC-12です。

便秘で腸のけいれんがあるときの対処法は?のまとめ

単純に自分が便秘であるとか下痢なのかなと考えますがそのどちらの症状も腸の異状によるものだとわかりました。

それが痙攣している状態だと言われると本当に不安になりますね。

自己流で便秘薬を多用や栄養バランスの悪い食事をすることで起きることも気を付けないといけません。

ノムダスを飲むことで水溶性食物繊維や、乳酸菌などがバランスよく摂れます。

腸に負担をかけることなく穏やかにお通じを促すことが嬉しいですね。

便秘が続くとそれ自体がストレスとなるし、悪循環といえます。

睡眠やリラックスする時間をもつなど工夫もしながら健康でいて人生を楽しみたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です