タニタブレスチェッカーを最安値で購入!口コミと評判もチェック!

あなたの周りに口臭の気になる人は居ませんか?

会社や学校に通っていたり、電車・バス通勤していたりする人は誰でも経験ありますよね。

口臭がするだけで周りの人はすごく不快になり、友達も減ってしまうかもしれません。

そんな口臭が自分にもあるかどうかは、自分では確認できませんし、他人に嗅いでもらうのも嫌な思いをするかもしれませんね。

もっと良い口臭の確認の方法はないのでしょうか?

調べてまとめてみました!

口臭の確認 をするにはブレスチェッカーがおすすめ!

口臭の原因は気体化した硫黄化合物である事がほとんどです。

その硫黄化合物を半導体ガスセンサーでチェックしようと言う物がブレスチェッカーです。

その中でもブランドとしておすすめされているのが、

タニタブレスチェッカー

『TANITA ブレスチェッカーHC-212M ピンク(PK)/グリーン(GR)/ブルー(BL)』です。

タニタ ブレスチェッカーをAmazonで買う
タニタ ブレスチェッカーを楽天で買う

この商品は他ブランド(LOZENSTER等)と比べて精度がよく、電池・センサーの寿命も同じまたは長く、大きさもコンパクトで軽いと良い所取りの商品です。

値段も電池込みな事を考えると安い方です。

同じブランドの形状違いの商品として、

ブレスチェッカー スリム

『TANITA ブレスチェッカーHC-212S ホワイト(WH)』もあります。

タニタ ブレスチェッカースリムをAmazonで買う
タニタ ブレスチェッカー スリムを楽天で買う

こちらのタイプはスティックタイプなので検査する時に持ちやすく、息を吹きかける時に狙いが定めやすく使いやすいそうです。

2つの商品とも同じセンサーを使っていて、0~5の数値とかわいいイラストで6段階表示されるのですが、狙いの定めやすさからか数値に違いが出る事があります。

しかし、HC-212Mタイプも慣れれば狙いを定めやすいため大差ないです。

スティックタイプは胸ポケットにしか入らないので、HC-212Mの方が持ち運びは便利ですね~。

またこの2つの商品は歯磨きや洗口剤を使った後、たばこを吸った後、アルコールを飲んだ後等に高い数値を出すので、歯磨きや洗口剤を使った後は10分以上は時間を空けた方がいいです。

口臭の確認 TANITAブレスチェッカーの口コミは?

ネット上では賛否両論、正確に測れないとする人も中にはいますが、その人達は主に説明書を読んでいない人達ですね。

歯磨きやマウスウォッシュの後は10分経過してから使用してくださいと書かれています。

各サイトのレビューをまとめてみると、「自分は口臭がしないと確認して自信を持つため」「歯磨きした後にしっかり磨けたかチェックするため」に買った人が多いです。

買って正解だと言う人が多い物の、センサーのクリーニングや必ず添付のビニール袋に入れて保管しなければならないとか面倒な所があるとも書かれていました。

使用した結果として数値を0にするには「歯磨きをする→洗口剤を使う→舌苔の除去」の3ステップを踏むと良いです。

口臭の確認 TANITAブレスチェッカーの最安値は?

価格.comで紹介されている商品が一番安いです。

『ブレスチェッカー HC-212M』はAmazonの1,845(税込)送料350円が最安値です。

楽天の送料無料税込2,680円より安いです。

また税込み2,030円、2,040円のヨドバシカメラやビッグカメラなどは地域限定で送料無料なので東京・大阪などの人は一度チェックしてみたらそっちの方が安いです。

お届け先地域によって違いますが、大体は税込2,030円が最安値です。

タニタ ブレスチェッカーをAmazonで買う
タニタ ブレスチェッカーを楽天で買う

スティックタイプの『ブレスチェッカー HC-212S』の方は、最安値税込2,030円東京は送料無料、他は送料540円>でした。

タニタ ブレスチェッカースリムをAmazonで買う
タニタ ブレスチェッカー スリムを楽天で買う

口臭の確認の仕方は?口コミと最安値もチェック! のまとめ

ブレスチェッカーなんて物を使うのは面倒だと思う人も居ると思いますが、社会に出る人のエチケットとして口臭対策は必要だと思います。

歯磨きだけでは軽く臭うので、ブレスチェッカーを使って数値が0になるまでプラークコントロール(歯垢管理)を行いましょう!

毎日の意識で確実に減らせる口臭、快適な社会生活を送るために多少の手間は掛けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です