長期ダイエットの方法は?糖質制限と有酸素運動もまとめ!

数あるダイエットの中でも、やはり確実に痩せられるのは“長期ダイエット”です。なぜなら、短期ダイエットは即効性はあるものの、多くの場合リバウンドを起こしてしまうからです。

長期ダイエットは、長い時間をかけてゆっくり体重を落としていくので、あまりリバウンド期に陥ることがありません。

ダイエットは、リバウンドをはねのけてこそ成功といえるのではないでしょうか。

ここではそんな、ダイエットを成功に導きやすい“長期的ダイエット方法”をご紹介していきます。

長期ダイエット方法 食事偏

やはりダイエットをするのに重要なことは、食事内容を見直すことです。太る原因は、“消費カロリーより、摂取カロリーが多い”からです。人間が太る原因は、これを置いてほかにありません。

ですから食事内容を見直して、改善していくことはダイエットにはとても大切なことです。消費カロリーよりも摂取カロリーを減らしていくことで、ダイエットは必ず成功するでしょう。

長期ダイエットの一番成功を出しやすい方法は、“糖質を制限する”ことです。太っていく時、または脂肪が蓄積される時、インシュリンというホルモン物質が大量に分泌されます。

長期ダイエット

インシュリンは、またの名を“ブタホルモン”と言われるくらい、脂肪をため込みやすいホルモンです。人は、インシュリンなしでは生きていけませんが、過剰なインシュリン分泌は、皮下脂肪や内臓脂肪を作り出す元となってしまいますので注意が必要です。

インシュリンを抑えるためには、余計な糖質を摂らないこと、これが最も最善な方法です。ごはんやパン、麺類などの糖質を抑えた食事をしてインシュリン分泌を抑制し、脂肪が蓄積されないように気つけましょう

しかし、ここで気をつけたいことが一つだけあります。「糖」は、脳にとっては唯一のエネルギー源ですから、全く摂取しないというのは望ましくありません。ですから、糖を適度に抑えた糖質制限をするようにしましょう。。

1日3食のうち、朝、昼に糖質を摂り、夜は糖質をカットするというのが理想的な糖質制限です。朝、昼は活発的に動かなくてはなりませんから、食事をすることで脳に糖というエネルギーを与える必要があります。夜は、睡眠を取ることがメインですから、糖を口から入れずとも、体内に蓄積された脂肪を糖に変えることでエネルギーが十分に足りるのです。

長期ダイエット

糖質制限をすることは始めのうちは苦痛に感じるかもしれませんが、ある程度慣れてくると体がそれに適応して、楽に生活できるようになります。

糖質制限は、“食べられないダイエット”ではありません。糖質以外はたくさん食べても問題ありませんから、ストレスフリーでダイエットすることができます。糖質制限は、長期ダイエットに向いているダイエットといえるでしょう。

長期ダイエット方法 運動偏

食事で糖質制限を行いながら、同時に行いたいのが軽い運動です。ダイエット時の運動は、食べ過ぎたカロリーを消費する作用もありますし、筋肉を使うことにより脂肪を分解してくれる働きもあります。

また、運動はリラックス効果も高まりますから、長期ダイエットを行う時には運動を取り入れていくことが望ましいでしょう。

長期ダイエット時のおすすめの軽い運動は、フラフープや踏み台昇降運動が効果的です。

フラフープダイエット

フラフープは、現在では100円ショップでも見かけるようになりましたので、安くで手に入れることができます。それに、10分間、腰でフラフープを回すだけで100kcalものカロリーを消費することができます。これは、ジョギングを10分間するのと同等の消費カロリーです。

踏み台昇降運動機が無い場合も、雑誌を数冊重ねてテープでとめるだけで、簡単な踏み台昇降機代わりになります。こちらは、お金もかかりませんし、1日10~20分程度行うだけで、有酸素運動になりますから高いダイエット効果が得られます。

長期ダイエットの方法まとめ

ダイエットを確実に成功に導きたいなら、食事と運動、あとは毎日体重計に乗ることです。数字を意識するだけで痩せて行く、という方もいらっしゃいます。ですから、自分の体重を常日頃から意識して行動するとよいでしょう。

こちらもおすすめです。
ブロリコ評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です