短期ダイエットの方法は?置き換えや糖質制限もまとめ!

思わず目をそむけたくなるような、“ぽっこりしたお腹”。ブヨブヨとした二の腕に、むっちり過ぎる太もも。薄着や水着を着る季節になると、避けては通れないのがダイエットですね。

ダイエット

ダイエットは戦略を立てて、長い目で見るのが当たり前ですが、どうしても短期間で痩せなければいけない!という時もあるでしょう。例えば、結婚式の前、同窓会の前、海辺へ行く前などシチュエーションは様々ですね。

ここでは、集中的に痩せる為の“短期ダイエット方法”をいくつかご紹介していきます。

短期ダイエット方法 食事偏

ダイエットは食事の面と運動の面、両方からアプローチするのが最も効果的です。これは、短期間でダイエットを行う時も同じです。食事だけダイエットを行うと、筋肉も同時に落ちていく可能性がありますから、必要な栄養素はサプリなどでとる必要もあります。運動も同時並行して行うようにしましょう。

ダイエット食品で、“置き換えダイエット”

置き換えダイエットは、食事をダイエット食品に置き変えて脂肪を落としていく、ダイエット方法です。ダイエット食品は薬局やドラッグストア、通販などで色々ものが販売されています。ダイエット食品はカロリーやミネラル、ビタミンなどが計算しつくされて配合されているものが多いので、バランスを考えることなく使用できるのが魅力です。

1日の食事のうち1~2回を、ダイエット食品に置き変えます。より短期的に効果を望むなら、1日のうち昼と夜の食事2回をダイエット食品に置き変えると、さらに効果が増します。

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットは、もとは糖尿病の患者さんの食事療法として、生まれたダイエット方法です。人間が太る時、必ず大量のインシュリンが分泌されます。インシュリンは別の名に“太るホルモン”という名前が付くような、ホルモンなので、これを抑制するために糖質を制限して食事を行うというものです。

糖質は主に主食になる、ごはん、パン、パスタなどの麺類に多く含まれているため、糖質制限ダイエットではこれを全て除いておかずのみを食べていきます。どうしても主食が食べたいという時には食べてもよいのですが、その時は量を減らすか、玄米などの未精製なものを食べるようにします。

短期ダイエット 運動偏

短期ダイエットするためには、部分的に筋肉を動かすより全身を大きく使うような運動が効果的です。例えば、ダンスやエクササイズは全身を大きく使って運動できるいい方法です。

近年はダンスエクササイズなどダイエットDVDも多数販売されていますので、そちらを利用してもよいでしょう。

また、ダンス運動をしたくないという方は、簡単なストレッチだけでも行いましょう。脂肪を燃焼させるのは筋肉です。その筋肉にダイレクトに働きかける、腹筋運動は特にオススメです。そして腹筋する時は、お腹の筋肉を意識しながらなるべくゆっくり時間をかけて1日10回程度行うと、より効果が高まります。

短期ダイエット

短期ダイエット方法のまとめ

短期ダイエットは、1週間後や1カ月後にマイナス3キロ!というような目標を設定して取り組むと、より効果的です。そして食事面と運動面、両方取り入れた毎日を送っていくとダイエットは成功しやすくなります。ダイエットにつきものなのは、“挫折”です。途中で挫折することなく、続けることが重要なので、目標を置くことは大切です。

食事も置き変えダイエットをおすすめしましたが、ダイエット食品を購入するのが金銭的にキツイ場合などは、おかずを豆腐やおからなどに変えてもいいでしょう。運動が嫌いだという方もキッチンに立つ時やや通勤時間に、つま先立ち運動をするなどの軽い運動をするとよいでしょう。

短期ダイエット成功の鍵は、食事面で上手にカロリーを抑えることと、運動を組み合わせることです。

以上、短期ダイエットをまとめてみました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です