【肌の赤み対策】パックとスキンケアで改善

肌の赤み(赤ら顔)に悩んでいる方の対策をご紹介します。
肌の赤み

肌の赤み対策のパック

肌の赤味に困ってました。乾燥肌なので保湿にいいと思ってパックをしてたんです。

それが原因でした。肌が弱いのに安い海外のパックを使ってたんです。そのパックは無添加ではなく、肌にあまりよくない成分が入ってたみたいで、私の肌にあいませんでした。

肌が赤くなってヒリヒリして、今まで使ってきた化粧水が使えなくなりました。肌につけると刺激になるんです。

それで、赤ちゃんの肌にも使えるアベンヌウォーターを使いました。スプレー式なので肌負担が減らせるのでとても助かりました。

顔は清潔に保つため洗顔をした方がいいですが、その時の肌状態は色々使うと肌に刺激があるので、朝は水だけで洗顔しました。無添加の石鹸を使って夜は洗顔しました。

アベンヌウォーターだけでは保湿が足りないので、ホホバオイルを使い肌の保湿をしました。

それから、ビタミン剤をとるようにしました。とくに、ビタミンBは肌荒れに効果があったと思います。

肌荒れがひどいときは、スナック菓子やインスタント食品はさけました。ミネラル豊富なノンカフェインのルイボスティーを飲んでました。

漢方も飲みました。ヨクイニンを1ヶ月ほど飲み続けました。これで少し肌の赤味が減りました。このヨクイニンは粉末タイプを選びました。飲みやすかったんですが、食前に3回飲むのが煩わしくてやめました。

肌荒れしてるときは、メイクができなかったのでスキンケアした後、日焼け止めを塗ってベビーパウダーを顔に乗せてました。

使ったのは、ピジョンの薬用固形パウダーです。赤ちゃんにも使えるから、肌に乗せてもヒリヒリしませんでした。

これらをやって、だいぶ肌がよくなり赤味も減りました。肌の調子がよくなってきたらパックもしました。今度は無添加のパックを選びました。

クリアターンのベイビッシュホワイトマスクです。化粧水も元の使ってたのが使えるようになったので、それを使用しました。

使ってるのはハダラボシリーズの化粧水と乳液です。

肌の赤みのスキンケア

私はこの数か月ほど、顔の赤みに悩まされていました。赤みは突然現れたのですが、痛みなどはなくどうして頬が赤くなったのかさっぱり見当もつかず、どう対処すれば良いのか悩んでいました。

とにかく赤みについて情報を集めて、自分で出来ることから試してみることにしたのですが、いちばん効果があったのはスキンケアを保湿重視にしてクレンジング剤を変えること、保湿クリームをスキンケアの最後に必ず使うことで症状は随分と改善されました。

まずクレンジングについてですが、私は一年を通して日焼け止め塗っている上にリキッドファンデーションを愛用しているので、しっかりメイクを落とすためにはオイルクレンジングがいちばん良いと思っていたのです。
しかし、オイルタイプは乾燥しやすくなってしまうので、しっかりメイクを落としつつ保湿もしてくれるクリームタイプのクレンジング剤が自分に向いていると教わりました。

そこで、ドラッグストアでポンズのクリームクレンジングを購入して使ってみました。

オイルと違ってテクスチャとメイクが馴染むまでに時間はかかりますが、洗った後の肌のしっとり感が違います。

また、暑い季節はべたつくのが嫌でクリームを使わずにスキンケアを済ませることもあったのですが、キュレルのクリームFというチューブタイプの顔・体用の保湿クリームを少量乾燥しやすい頬や眉間に塗っています。

肌馴染みが良いのでスキンケアの最後にさっと塗ってハンドプレスすると肌にしっかり密着した感じが分かります。

スキンケアの内容はこれ以外に大きく変えたものは無いのですが、肌の赤みはかなり薄くなりました。

寝る前などに赤い点がぽつぽつと頬に出ていることもありますが、翌朝には消えています。以前はメイクをしていても赤みが分かるほどだったので、かなり改善されたのが自分で分かります。

ドラッグストアなどで売っているいわゆるプチプラのスキンケアでも赤みは改善するので、赤みで悩んでいる人は一度保湿重視のアイテムをスキンケアに組み込んでみるのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です