顔のむくみやクマが気になるときのマッサージ方法

朝起きたり、顔がむくんでいたりするときは、朝からとってもブル-になりますよね。
本当は蒸しタオルでケアするのが一番効果があるけど、そういうわけにもいかないこともあります。

そんなときには、洗顔後のお手入れに軽くマッサージを取り入れます。
まず洗顔をして、しっかり化粧水や美容液で保湿します。

その後、クリームやオイルを顔に伸ばしたらまずは目元から付けて、目元は力を入れずに優しく伸ばしていきます。

むくみ

人差し指だと思ったよりも力が入って肌を傷めることもあるので、中指を使います。
目頭をまずは両方の中指でゆっくり5秒、押すと言うよりそっと温めるくらいの力加減で押します。

それから上まぶたの真ん中あたりの骨を気持ち上に持ち上げるように5秒。
目尻の付け根も5秒。
下まぶたの真ん中あたりも5秒。(ここは特に軽い力で優しく押してください)

こうすることで目元に活力が戻ってきます。

目元が終わったら今度は顔全体です。
おでこの中心から生え際に向かって、シワを伸ばすように両手を滑らせたらそのまま顔の横をスーッと肩まで下ろします。

それから右手を左の耳の付け根、左手を右耳の付け根にあてて、反対側まで手を滑らせたらそこから、首筋を通って肩まで下ろします。

最後に、これは少し力を入れてもいいと思います、人差し指を鼻の付け根、頬骨のはじまるあたりに置いて、そのまま頬骨に添ってぐっと耳の付け根まで指を滑らせます。

痛いなと思うときは、むくみがひどかったり目が疲れていたりして血行が悪くなっているときです。
このときも耳の付け根からスーッと首筋を通って肩まで指を下ろして終わりです。

顔のリンパの流れがよくなって、スッキリするのでぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です