デルマビジュアルズのセラミド配合で保湿効果が高い

角質層がカサカサになってしまい、顔中が痒くなるまで乾燥してしまった時の話です。
原因は仕事量の増加による不眠と偏った食生活によるもので、すっかりターンオーバーが乱れて、おそらく真皮の状態はがたがただったのだと思います。

仕事が落ち着いた頃、DHCのサプサプリメント「ビタミンC」と「亜鉛」を摂取しながら、野菜とタンパク質中心の食生活に改善したところ、フェイシャルコンディションは以前より安定したのですが、まだ乾燥の部分が解決されていませんでした。

何度保湿ケアを行っても、すぐに化粧水は引いてしまうのでこれはどうしたものかと悩んでいましたが、ここで自分が保湿に関して大きな勘違いをしていることに気が付きました。

生物学的に仕組みをみれば、水分が表皮層から内部に浸透するわけではなく、そんな構造をしていたら、水分が容赦なく内部に浸透してお風呂の中で顔がとんでもない事になってしまいます。

漠然と化粧水を沢山肌に塗っても何の甲かもない事がわかると、正しい保湿とは一体何なのか?

「保湿する」というのは、水分を与えることではなく「保湿成分を与える」ことで、角質に水分を補給するのではなく、角質層に水分を蓄えるための成分を与えることです。

この保湿成分が「セラミド」という成分で、保湿化粧品と言えば大抵この成分が入っているのですが、今回はハトムギ化粧水とともにドイツ生まれのオーガニック化粧品「デルマビジュアルズ」を使うことにしました。

植物成分由来のデルマビジュアルは、匂いが独特ですが化粧水と併用して続けることによって、水分をしっかりキープすることができました。

配合されているビタミンCも手伝ってかハリも戻すことができました。

とても初歩的なことですが、セラミドが配合されていることが大切です。

Amazonで、DERMAVIDUALS(デルマビジュアルズ)を見る

楽天で、DERMAVIDUALS(デルマビジュアルズ)を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です